活性酸素を除去し身体のサビを落とす
国が先進医療Bと認定した水素吸入があります
明日の自分のために身体の中のサビを落とし元気な毎日を
水素吸入とは

水素吸入とは

水素吸入とは、水素吸入器より生成された水素ガスをカニューレ(吸入チューブ)を用い、鼻から呼吸吸収(粘膜吸収)することで体内に直接取り込むことをいいます。

 

呼吸吸収は鼻の粘膜から直接体内に水素を取り込むため、水素濃度の減少を大きく抑えることができ、かつ水素は地球上で最も軽く最も小さい分子になるので体内バリアの影響を受けにくく、身体の細部まで高濃度水素を浸透させることができ、体内への水素吸収率を高めるため、よりその効果や即効性が見込めるようになっています。

 

この水素ガス吸入療法は2016年に厚生労働省が先進医療Bに認定しており、水素と健康に関して世界では研究論文が数多く発表されています。

 

また、現在までに水素吸入による副作用の報告も一切なく無色、無味で臭いもない気体なので安心して吸入することが可能となっております。

 

水素ガス

推奨される水素ガスについて

推奨される水素発生量
水素吸入に関連する多くの臨床試験の結果から、水素ガス単体や酸素ガス単体より、水を電気分解することで発生させた水素(66.66%)酸素(33.33%)混合ガスを、毎分2,500ml以上吸入することが、効率的かつ効果的というデータがあります。
当院の水素ガス発生装置(CO.UP)は水素酸素混合ガス発生量が多く、その発生量は毎分2,600mlとなっています。

推奨される水素濃度

水素吸入に関連する多くの臨床試験の結果から、水を電気分解させ発生させた水素ガスを吸入することが良いとされており、電気分解で発生させた水素ガスの水素濃度は必然的に約660,000ppmとなります。よって推奨される水素濃度は660,000ppmとされています。

当院の水素ガス濃度も推奨濃度の660,000ppmとなっています。

一日の水素吸入回数・時間

一日の水素吸入の回数や吸入時間に制限はありませんが、継続することが一番大切です。1回に長い時間を吸入しても1か月に1回などでは効果は薄いです。短時間を複数回水素吸入するより、多くの時間水素吸入する方が良い結果が現れたという報告がありますが、それぞれのライフスタイルに合わせ習慣化することが大切です。可能ならば一日30分以上連続しての水素吸入をすることが望ましいです。

効果効能

水素吸入による効果効能について

水素吸入することで、以下の作用や病気に対する予防、改善効果が期待できるといわれています。
<注意事項>

水素吸入に関連する基礎試験やヒト臨床試験の結果に基づくものであり、効果効能を保証するものではありません。また日本では治療を目的とした使用はできないため、ご自身の判断、もしくはかかりつけの医師に相談した上で、使用を検討する必要があります。

 

水素吸入による副作用について水素吸入には副作用や健康被害がないと報告されています。しかし水素を吸入することで、稀に好転反応が現れる場合があります。このような時は使用を中断し少し時間をおいてから吸入するなど、無理な水素吸入は控えてください。自身で好転反応かどうか判断が付かない場合、必ず医師にご相談してください。

好転反応とは

好転反応とは、自然治療を受けた後に、健康を取り戻す過程で起こる症状をいいます。個人差はありますが、以下の反応が見られる場合がありますので一例を紹介させていただきます。

1. トイレが近くなる、尿量が増える、多汗になる
水素が活性酸素と結びつき、尿や汗として体外へ排出させるためです。

2. 眠くなる
これは、脳にシータ波が出るためです。このような場合、長時間の水素吸入は控えてください。

3. 手足に違和感を覚える
水素が毛細血管まで浸透し、抗酸化作用が働くため起こります。ピリピリやムズムズといった感覚を感じることがあります。

4. 嘔気、頭痛、倦怠感
活性酸素が除去される過程で一時的に感じる現象といわれています。

活性酸素

水素吸入と活性酸素

水素吸入は老化・病気の原因となる「活性酸素」を取り除く
一般的に呼吸によって取り込まれた酸素の内、約2~3%が活性酸素になるといわれています。
活性酸素は大きく分けて「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」があります。善玉活性酸素は人間に必要なもので、体内で細菌やウイルスを退治してくれるものですが、悪玉活性酸素は細胞を無差別に攻撃し、老化を早めたり癌をはじめとする様々な生活習慣病の一因となっています。

ここで注目されるのが「水素」です。水素は細胞機能に関係している善玉活性酸素には危害を加えず、人体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素のみを除去してくれるという素晴らしい働きをしてくれることが研究結果で分かっています。水素吸入することで、水素が悪玉活性酸素とのみ結合し、汗や尿として体外に排出させてくれることで、美容や健康維持に繋がると考えられています。この効果が世界中で注目され「水素が体に良い」といわれているのです。

活性酸素が発生する原因
活性酸素は、呼吸で体内に取り込まれた酸素が、ストレス・過度な飲酒・喫煙・電磁気・食品添加物・赤外線等が原因で発生するといわれています。 その他にも紫外線・大気汚染・激しい運動・医薬品・加工食品・殺虫剤などが活性酸素を発生させる原因です。活性酸素は毒性が強く、体内の細胞を酸化させることで老化や様々な病気を引き起こす原因となっています。

活性酸素が原因でおこる病例
■ 癌(がん)■ 脳血管障害■ 高血圧■ 糖尿病■ 高脂血症■ 肝臓病■ 白内障■ 認知症■ 膠原病■ 関節リウマチ■ アレルギー■ ぜんそく■ 皮膚炎■ 皮膚のシミ■ しわ

意義

水素吸入をする意義

呼吸をするだけで活性酸素は常に発生している状況下で悪玉活性酸素も日々発生しています。また、呼吸だけでなく日々のストレスや食生活、喫煙、紫外線などからも悪玉活性酸素は増加します。

悪玉活性酸素は身体にあらゆる弊害をもたらします。例えば、今まで「疲労=乳酸が溜まる」と考えられていましたが、疲労の原因も悪玉活性酸素です。

悪玉活性酸素は細胞を傷つけます。傷ついた細胞が癌化すると発癌します。また、血管に傷をつければ動脈硬化の原因にもなります。その他免疫機能の低下やアレルギー症状などの改善にも水素吸入の効果が期待されています。

今の自分に必要ないと考えていたとしても、数年後の自分が後悔しないために健康投資だと考えて水素吸入をする方が増えてきています。

もちろん、現在何らかの症状でお悩みの方も水素吸入でその効果を感じられている方もいらっしゃいます。

活性酸素としっかり向き合いながら今の自分のため、また未来の自分のために水素吸入を始めてはいかがでしょうか?

お気軽にお電話ください
045-308-6335 045-308-6335
平日 10時~14時30分 16時~20時30分
土日 10時~15時
※平日の夜は予約がない場合に限り19:30で受付を終了させていただきます。来院される際は必ず事前予約をお願いいたします。
神奈川県横浜市南区井土ケ谷下町37-10サンハイツ井土ヶ谷101
ACCESS

ながい整骨院へのアクセス方法

井土ヶ谷駅から徒歩5分にあるながい整骨院です。 京浜急行の井土ヶ谷駅改札を出て環状一号線を右に直進していただき、しばらく歩くと井土ヶ谷交差点がありますので、そちらを左に曲がってください。そこから真っ直ぐ歩いていただくと右手に当院が見えてきます。駐車場はありませんのが院近隣にコインパーキングは数か所あります。
ながい整骨院写真
院名 ながい整骨院
住所 神奈川県横浜市南区井土ケ谷下町37-10サンハイツ井土ヶ谷101
電話番号 045-308-6335
営業時間 平日 10時~14時30分 16時~20時30分
土日 10時~15時
※平日の夜は予約がない場合に限り19:30で受付を終了させていただきます。来院される際は必ず事前予約をお願いいたします。
定休日 木曜日 祝日
最寄駅 井土ヶ谷駅

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。